Bonne journée, Cross Cultural

Black and White Rabbits

リサとガスパール(Les Catastrophes de Gaspard et Lisa)は犬でもウサギでもない生き物で、ポンピドー・センターのパイプの中に住んでいるらしいが、こちらは野うさぎで、ブルターニュの森に住んでいる。より正確にいえば、石ばかりの街中を除けば、ありとあらゆる場所に穴を掘って住み着いており、誰も気にも留めない存在だ。かつての同僚が言う。
「おいしくないよ。」
いや、食べようなんて思わない。
«Catastrophe!»(「ひゃー、どうしよう」おそらく、石津ちひろ訳)
ところで、リサとガスパールの原題は名前の順序が逆である上に読み方も違う。ガスパールとリザなのだが、きっと翻訳者が音感を気にしたのかなと想像している。

Lisa and Gaspard (Les Catastrophes de Gaspard et Lisa) are creatures that are neither dogs nor rabbits, and they seem to live in pipes at the Centre Pompidou, but above two lives are wild rabbits that lives in the woods of Brittany. More precisely, they live in all kinds of places by digging holes, except city center, and no one cares about them. My colleague in France told me
”It doesn’t taste good.”
Of course, not, I mean, I don’t want to cook them.
“Catastrophe!”

Bonne journée, Cross Cultural, Photo

Goodbye 2022

(English text at bottom)

いつ終わるのか分からないままに、ある日突然に2022年が終わろうとしている。それは実感のないままに地球が太陽の周りをぐるりと一周したと言うのとさして変わらない。元から誰も終わりなど教えてくれなかったどころか、自分自身でもいつ始まったのかすら気づかなかったのだから、そんなものなのだ。ただ時間が過ぎて、昨日まで過ごした場所と今日息継ぎをしている場所とが交差することなく存在していたということなのだろう。かつていた場所に住む知人とたわいもない会話をWebでしながら、かえって距離を感じるのが習慣となったらしい。それでも1日の仕事の終わりに言う「おはよう」に、不思議と安堵を感じるものだ。一日中「おはよう」と言い続けられるのなら、それはきっと良い1日に違いない。

良い年をお迎えください。

Without knowing when it is going to end, suddenly the last day of 2022 has come. That is not so much different from saying that the earth went around the sun without knowing. Not only did no one tell me the end day from the beginning, I myself didn’t even notice when it started, so that’s how it is. It’s just that time has passed, and the place where I spent yesterday and the place where I’m breathing today existed without intersecting. It seems that it has become a habit to feel the distance while having casual conversations with acquaintances who live in the place where they used to live. Still, I feel strangely relieved when I say “good morning” at the end of the day’s work. If you can say “good morning” all day long, it must be a good day.

Best hopes and wishes for the New Year!

Bonne journée, Cross Cultural

カウンター・カルチャー・ショック(最終回)

前回から

 そういえば日本在住のあるフランス人によれば、日本のバターも美味しいそうだ。美味しいかどうかは実際のところは美味しく感じるか否かであって、要は個人の好みだと思うのだが、それでもこのフランス人の好みは本音なのだろう。日本のバターは十分に美味しい。フランスのバターを買わずとも、日本のものでもしっかりバターらしいバターを楽しめる。確かにレストランでそのまま出されることもあるボルディエのフレーバー付きバターのようなものは日本にはないから、デパートの地下で125gをフランスの5倍の2000円で売られているのも分からないでもない。だが、200gが450円の日本のバターもとても美味しいのである。それどころか、フランスのどこのスーパーでも普通に売られているle Gallのようなバターは250gで4ユーロ(500円)程度だから、値段もほとんど同じだ。日本のバターがフランスより劣るはずはない。
 しかしである。日本ではバターがほとんど売っていないのである。いや、売っていないわけではない。でも3種類も置いてあればラッキーというもので、たまたま置いてあるバターから選ぶしかない。発酵バターが欲しければ通販で買えとでも言われているようである。よく考えてみれば、農水省がバターのコントロールに失敗して市場からバターが消えた時、全く別物のマーガリンで代替してほしいとか、バターのニーズはケーキだとか言ってたくらいだから、市場の要求は小さいのだろう。醤油がないからウースターソースを使ってくれとか言っているようなものだが、きっと担当者は食パンに塗ったことしかないに違いない。チーズにしても、ヨーグルトにしても、日本での乳製品の扱いはとても小さいし、種類が酷く限られている。
 勘違いかもしれないが、この何年かの間に一層扱いが小さくなったような気がしている。フランスのように、コンビニ1軒分くらいの棚が全部チーズやヨーグルトという状況を望んでもそれは無理難題というものだろうが、毎日ヨーグルトとバターとチーズを食べてきた乳製品好きには酷く残念である。スーパーの棚を見て、あれもこれもないとため息をついている。せめて1種類でもパヴェとか置いてくれないかなと。
 売れないものを置いてくれとは言いにくい。ヨーグルトだって山羊もないし有機指定もないが、置いてあるものが不味いわけではない。少々人工的な味のものもないわけでもないし、物足りない感じもあるが、概して美味しい。それで良いのだ。フランスで豆腐を買ったら同じ感想を持つではないか。まぁ、あえて言うなら気になるのは物足りない感じだけだ。
 そこで思うのだ。多少味の物足りない感じは良いが、量が物足りないのはどうにかしてほしいと。小分けのヨーグルトはフランスが125gから135gに対し、日本は65gから75g。たった6割しかない。価格に占める原材料費の割合からすれば、大してコストダウン効果はない。むしろ、物足りないから買う回数が増えるのがポイントだろう。
 そうやって考えると、ここしばらくで、色々なものが小さくなった。たぶんポテトチップスもクッキーもチョコレートも。キットカットなんて2/3くらいになったような気がしている。ダイエットには良いかもしれないが、ちょっと気に入らない。まぁ、りんごが大きいからいいか。

Bonne journée, Cross Cultural

カウンター・カルチャー・ショック(6)

前回から

 少し不思議な感覚なのは仕事よりも交通マナーである。日本に長く住んで左側通行に慣れ親しんできたのだから、日本に再び住むようになれば直ぐに運転に慣れると思っていたのだが、案外そうでもない。仕事の仕方が合わずにぶつかり合うならなんとかなるが、車でぶつかり合うのは遠慮したい。

 最初に見た戸惑ったのはもちろん左側通行なのだが、普通に走っている分にはフランスも日本もさして違いはない。日本に住んでいてフランス旅行でレンタカーに乗ればどうしたって左右の感覚がずれるわけで、逆も同じだ。感覚がおかしくなって戸惑うレベルになるのは、通常とちょっと変化がある時である。例えば中央分離帯があるような大きな交差点を曲がった時にどこを走って良いか迷うことがあったりする。
 以前、フランスでのことだが、普通の何の変哲もない交差点で左折(日本の感覚で右折)したら、その先で逆向きに車が信号待ちをしていて驚いたことがある。その車は右側通行の国で左側にいたのだ。一方通行でもなんでもないありふれた普通の道だ。おそらくはイギリスから来たのだろう。本人はいたって平常心で何の疑問もなく左側を通行して信号で停止したはずだ。所々中央分離帯がある道だから、そうなるためには、数百メートル手前の交差点を折れた際に反対車線に入ったはずで、よく事故もなくたどり着いたものである。早朝が幸いしたという事か。仕方なくこちらも左側通行をしてその車を避け、元の右側車線に入ったが、すれ違いながら見た運転手はかなり慌てている様子であった。
 他人事ではない。この感覚のズレに対しては、日本では大きな交差点に入る時に「左側、左側。」と呪文を唱えることで概ね問題を回避した。ハンドルの向こう側に大きな矢印と左側の文字を書いておくと良いらしいが、少々ダサい。混雑した狭い日本の道は前の車に続くことができるから、問題なのは片側2車線以上の交差点だけだ。目にうるさい説明書きは止めておきたい。

 意外だったのは、黄色信号の無意味さと追越車線の混雑だった。確かに黄色は注意と習った気がするが、黄色は止まれの意味に近い欧米基準からすると、無謀極まりない。信号が赤に変わってから1台や2台程度の車が交差点を通過する。右折ではしっかり確認しないとぶつかり合うことになる。逆に黄色だからと速度を落として停止したら、後ろの車が追い抜いて行ったなんてこともある。これに慣れるには少々勇気が必要なのは言うまでもない。
 一方、追い越し車線の混雑の方は、もちろんなんでもない話だ。片側2車線の道路は、不思議な事に右側の追い越し車線のほうが混んでいる、それだけのこと。フランスでは法律違反で警察に止められるが、路上駐車が多いせいか、日本ではあまり問題にならないらしい。2車線あっても追い越し車線を使う文化だと理解さえすれば、どちらかを走れば良い。
 ところがである。これが突然混乱の元となる。中央分離帯のある片側2車線道路の右側をずっと走り続けると、右側通行のような気がしてくるのである。それはお前の頭が硬いからだろうなどと言われそうだが、慣れとはそんなものだ。そうやって勘違いした頭で交差点に入るともうパニックである。そんな時にも呪文が重要だ。「左側、左側。」

 似たような混乱は歩道でも起きる。なぜか日本では、自転車が歩道を歩く歩行者めがけて猛スピードでやってくる。最初は自転車用レーンが少ないから歩道を使うのも仕方ないと思っていたが、どうやら自転車レーンがあっても関係ない。自転車レーンを塞ぐ路上駐車も多いこともあって、むしろ安全をとって歩道を走るようなのだ。たまらないのは歩行者のほうだ。電動アシスト付きの自転車でベルを鳴らしながら突っ走ってくる自転車を見たら、もはや店先だろうが車道だろうが空いてそうな隙間に逃げる以外に手はない。やれやれである。自転車は車両なんだがと思ってみても何も変わらない。
 一方で車を運転していて楽なのは、信号を待つ歩行者だ。少なくとも車が走っているのを気にせず横断する輩はいない。車が遠くても誰もが赤信号を待っている。当たり前のような気もするが、案外フランスの都市部はそうでもない。渡りたい時に渡る猛者をかなり頻繁に見かける。その点、しっかりと交通ルールを守る日本は、なんだかんだと真面目である。いや、渡ったらなんて思う事もしばしばだが、おかげで車を運転する側からすれば安心なのである。

 そういえば、交通マナーや安全の啓蒙ポスターを見かけるのも日本的である。歩きスマホはやめましょうなんてことを、関連性もよくわからない意味不明なマンガで伝えてくる。果たして見る人の心に響いているのか甚だ疑問だが、派手な色合いとポップな文字とマンガの組み合わせは日本らしい風景だから、啓蒙ポスターだってそんなものなのだ。正直に言えば、日本の広告はあまりに子供っぽいと感じて好きではないのだが、見慣れれば妥協できる範囲である。まぁ、国が発行する重要なカードに好きでもない動物を描くのはやめていただきたいのだが。
 子供っぽいといえば、どこにでもある占いも少々理解しがたい。ニュースサイトをみても星座が未設定などと言われるし、電車で停車駅を確認しようとモニターを見れば、今日の魚座はラッキーだと強調している。大抵は天気と隣り合わせで表示されていて、大人の事情である。つまり、GPSはオンにしなくていいから、どこに住んでいる何歳の人間かを教えてくれないかなと言っているわけだ。個人情報が欲しいなら同意をとって欲しいところだが、個人情報は有料だという意識が足りないのかも知れない。「情報が欲しいのは分かったから、ともかく交通情報を見るのに占いで悪い事を言うのはやめてくれ」とつい声を出さずに呟いている。せめて子供っぽいイラストで飾るのをやめてくれるだけで、気分が楽になる。
 街行く車にも派手な羽根が生えていたり、ラジエターグリルに銀色の斧や電気シェーバーの歯のようなものがついていたりと、ちょっとばかり変わっている。一説にはガンダム世代がデザインして宇宙戦艦ヤマト世代が承認しているからだそうだが、もちろん真偽のほどは定かではない。世界で売っているのだからグローバルデザインのはずだが、日本向けだけ変えているのかもしれない。ちょっといやらしいと評判のTのマークのついた車も、明らかに日本とフランスで見た目が多少違ってはいる。どちらにせよ、フランスの知人によれば「あんな車恥ずかしくて乗れない」だそうだが、ダブルシェブロン(chevron)のあの車の見た目も相当跳ねてると思わないでもない。
 まぁ、楽しげだからそれでもいいか、というのが今の結論ではある。世界中どこに行ったって、大局的に見れば人の営みに大きな違いなどない。

(次回に続く)

Bonne journée, Cross Cultural

カウンター・カルチャー・ショック(5)

前回から

 きっちりとした真面目な国民性なのだそうだ。そんなことを言われると生きづらい人も多いだろう。ほんとはもっとテキトーに生きたいなんて考えるのかもしれない。

 2分遅れの通勤電車から吐き出された仕事への道すがら、ポケットのゴミを捨てようと周りを見渡してみても、どこにもゴミ箱がない。街中だろうが公園だろうが商業施設だろうが、ゴミ箱を探し出すのは、昨日道に落としたコインを探すより難しい。コインなら大抵落ちたままにそこにあるし、まとまった金額ならきっと交番に届けてもらえる。でも、ゴミ箱を探そうにもどこにもないのだ。それどころかゴミもない。
 ゴミ箱がないからゴミもないのか、ゴミがないからゴミ箱もないのか、まったく無関係なのかわからないが、ディズニーランドにゴミがないのは決してゴミ箱があるからではなく、高頻度で掃除しているからだそうだ。きれいになっていると適当にゴミを捨てにくいという心理が働くらしいが、そんな事の前に努力して清掃しているという事なのだろう。どんな場所だろうがゴミを放置するひとはそうするのだ。だが、街中は高頻度で清掃などしていない。ゴミだらけのパリとの違いは何なのか、皆目見当がつかない。パリだって毎日のように清掃車が走り回っているのだ。
 ひとつ想像するのは東京のリスク低減を重視する文化だ。起きてもいない課題を徹底的に潰すことには、根底にどこか生活に密着したなんらかの文化的な要素があるような気がするのだ。街角からゴミ箱がなくなったきっかけは、ゴミ箱があると不審物を仕掛けられるリスクがあるからと聞いたことがあるが、利便性を求めるマーケットでゴミ箱を撤去する理由にはならないだろう。それだけリスク回避が重要なのだろう。ただ、これはゴミ箱がない理由であって、ゴミがない理由にはならない。きれいにしておかないと世間の目が厳しいかもしれないとか、病気が発生するかもしれないとか、何か理由があるのだろうが、なかなか適切な理由が見つからない。もちろん、きれいにしておきたいからというシンプルな理由はあるのだが、誰もがそうしたいとは限らない。

 個人的にはゴミ箱がなくて困ったことなどないから、それ自体はどうでも良いわけだし、ともかく東京の街がクリーンなのは驚くレベルだ。理由など考える必要もないのだろう。ただ、リスク回避を求める文化だけは少々困る事がある。仕事の場合だ。契約書の文言を弁護士や専門家と練るならリスク検討は重要だろうが、プロジェクトを進めるだけでも、これが失敗するかもしれない、記録を残しておいた方が安心だ、相手先は拒否するかもしれない、などと延々と起きてもいないことを議論する。原則的には仕事は合意で進むから、起きてもいない未来のイシューを解決する作業が長くなる。たった1ドルのレターのために1000ドルを費やすこともあり得ないことでもない。決めたいことはまず根回しの個別ミーティングで伝え、その後で全体ミーティングで合意する。そんな文化はおそらくは日本固有のものだ。
「だって、それはまだイシューではないよね。」
 そんな疑問をフランス人の同僚からぶつけられるのをいつもの事にはしたくない。

 仕事の習慣のようなことを言い出せば、ほとんど褒めることのない文化も日本固有だと思うが、そのあたりの話はやめておこう。仕事は地域差よりも組織差が大きいもので、あまり楽しい話にはならないのだから。

次回に続く