Bonne journée, Cross Cultural

土曜の午後に

日常が戻ってきた。
安っぽいスピーカーから流れるフレンチカリビアンも、繁華街の片隅にある公共施設の前で誰かを祝う拍手も、遠くの通りを行くデモ隊のアジテーションも、幾重にも重なり合いながら、エアコンディショナーのコンプレッサーのハム音のように不思議と誰も気にしない通奏音となっていく。やがて、錆びた金属のような喧騒が唐突に終われば、カモメの甲高い声と外のテーブルを挟むおしゃべりが、自分たちが次の主役だと言わんばかりに主張を始め、次の仕事を待つ配達員がスマフォを取り出して誰でもない誰かに何かを話す。9月の土曜日がやってきた。

衛生パスを案内するレストラン

あまりCOVID-19のことなど気にならなくなって来たのかもしれない。フランスでは相変わらず検査の列もできているし、衛生パスが無ければ入れない場所もある。レストランは丁寧に衛生パスをチェックしているし、店舗の上限人数も入り口にしっかりと書かれて一定のルールは守られている。それでも外でマスクをしている人もだいぶ少なくなって、一時期のような閑散とした街はもうない。2年前は催涙弾が飛び交うような黄色いベスト運動のデモが盛んだったから、衛生パス反対デモの明るく華やかな様子を見ていれば、むしろずっと以前の生活が戻ったようにすら錯覚しなくもない。普通に買い物を楽しみ、レストランで食事を取りながら楽しいおしゃべりもする。前保険相に対する予備審まで始まって、コロナは過去の事だったのかと思いたくもなる。容疑は人々の命をコロナの危険に晒したという事らしい。当時、フランスは遠い東洋の話だったのだ。

だが、実際のところはだいぶ違う。相変わらず1万人の新規感染者が毎日記録され、国庫は火の車だ。フランスのやり方が決して理想的なわけではない。世界で最も厳しいと言われたロックダウンもすれば、衛生パスを使った生活の制限もしながら、感染者数は相変わらず多いままだ。

それでもフランスから学べることもある。衛生パスのアプリを見れば、ワクチン接種者と非接種者の陽性率や重症化率、入院のベッド占有率や主要な変異株の比率など、さまざまな数字が客観的に示され、施策には基準が伴う。ほぼ全ての店舗には入れる人数の上限値がしっかり大きく書いてあるし、検査もワクチンも全てQRコードで管理できるようになっている。家の掃除や語学レッスンのような個人の契約ですら、たとえ一人しか雇っていない場合であっても、国が費用を負担するから契約の解除はしないようにと念押しのメールまでしてくる国である。日本では「もうやれることが少なくなった」と誰かが言っていたようだが、きっとまだまだやれることがある。できない理由よりもできる理由を探すべきなのだろう。

衛生パスの反対デモは、少しずつだが規模が小さくなってきたらしい。気をつけなければならないのは、これがワクチン反対デモではないという事だ。自由を愛する国である。衛生パスで縛られることに反対しているのだ。生粋のフランス人の知人に言わせれば「あいつらはバカなんだ」の一言なのだが、そうやって自由を主張する人々を見ていると、やっぱり日常が戻ってきたのだなと感じるわけである。

Bonne journée, Cross Cultural

autumn

8月の終わりといえば夏休みの終わりだと思っていたのは一体いつのことだったろうと、少し感傷的な気分になるのが8月の終わりでもある。学生の頃はといえば既に2学期制で夏休みも曖昧だったし、今は日本を離れて夏休みの感覚もない。誰もがバカンスに行く夏は、風通しの良い部屋で宿題をやったり、焼けるような暑さの中をプールに通う夏休みとは少し違って、日常を離れて過ごす特別な日々なのだろう。「夏休み」という日本語とは少し違う。

スーパーに行けば、一番目立つところにあったバーベキューセットはどこへやら。真っ先に目に飛び込んでくるのは新入生セールの通学バッグや文房具ばかりで、これでもかと山積みになっている。残り少なくなったノートを買い足すなら安くて良い時期だからちゃっかり利用させてもらっているが、夏休みが終わって残暑の新学期が始まる感覚はない。

公園を歩けばドングリが無数になって枝先が下がり、そんなものはまだ美味しくないと言わんばかりにリスは別な木に登っていく。もう秋なのだ。朝は10度しかないから上着がないといられないし、午後も20度程度で半袖だと少し肌寒い。あとひと月もすれば、冷たい雨の10月がやってくる。少しばかり麦わら帽子の似合う夏休みが欲しいと思う8月の終わりである。

Bonne journée, Photo

vacances

バカンス客の少ないこの街は、夏の朝ともなれば人も少ない。行きつけのパン屋さんも3週間の閉店だし、朝市ですら店舗が減っている。それでももうまもなく人も街に戻ってくるだろう。
「この街には何もないからね。」
そう言って知人はバカンスに出かけたが、案外静かな街は美しい。それを知ってか知らずか、今は他県ナンバーの車ばかりが通過していく。あるいは、時にスペイン、時にドイツ、時にベルギー。
夏の少しばかりのカケラは残っていても、今朝も12度。夏も終わろうとしている。

Bonne journée

裏通りの本屋と日本語

つい忙しくなって本を読むのを忘れてしまうのは、案外言い訳でしかない。確かに、以前のようなワクワクする気持ちを本に感じなくなってしまっているのは事実ではある。こんなところで商売になるのかと思うような路地裏の古い本屋にふらっと立ち寄り、手書きのポップを頼りに思いがけず出会った本を買って、バッグの片隅に大事にしまって家に帰るようなことはもうないのだろう。でも、それと本を読まないことには因果関係はほとんどない。オンラインで買ったとは言っても、ちょっと興味があって手にしたことに違いはないはずなのだ。

以前にまして忙しいのは間違いない。10年前と比べたら今のほうがずっと勉強もしている。時間など計ったこともないし、そんな事に興味もないが、明らかに仕事以外にも時間は取られているし、1日がせめて36時間だったらなどとくだらないことも考える。しかしである。実は自分でも分かっているのだ。面倒がって時間を作る努力をしていないだけだと。ちょっとしたことならウェブで見ればなんでも分かるわけで、深い思索よりもインスタントな結果に流されているのである。

そうやってウェブ上の文字ばかりを追うようになると、ちょっと気になる表現も多くなる。言葉の乱れだとか、モラルの低下だとか、いろいろ言いたくなるのだが、最初にひとつだけ買いておかなければならない。巷の日本語の表現が気になり出したら、それはもはや時代からずれ始めたという事でもある。言葉は時代に合わせて変わるものなのだ。ウェブ上の言葉は書籍と違って絶えず変化している。だから、この先に書こうとしていることは自分にも反射する熱線のようなものであって、本当なら息を止めてさっとやり過ごした方が良いのだろう。困ったものである。

「このブログでは、これから猫について書いていきます。」
なんでもないこの文章が気になるのは、「いきます」の部分である。たった今、未来に向かって書き続けると宣言しているのだから、気にすることもない。どうぞおやりなさい。

ただ、していきますと言う言い方は、意気込みよりもむしろなんらかのゴールのある計画を暗示する。「どうやったら猫と話せるようになるか、順を追って説明します。」と言う意図なら分からないでもないが、おそらく意図するのは「このブログでは猫について書きます。」である。冒頭の文章では意味のない暗示が多分に含まれてしまう。そんなつまらないことを考えずとも良いと自分でも思うが、気になり出すともうだめである。周りがずれているのだろうが、相対的に自分が取り残されているのだろうが、気になるということだけはどうしようもない。

そういえば、先日のニュースで読んだお詫びの言葉もかなり気になっている。「要請に一部沿わない形で」である。内容は詳しく書かないが、ある省庁が国民に強く要請しておきながら自分たちではそれを守っていなかったと言う文脈だった。それは残念だが、気がついて正そうとしているのだから良いことだろう。

ただ、この「一部」というのはどんな意味だろう。「要請には沿っているのだが一部分でそうではない部分があった」という意味合いだろうか。基本的には全くやましいところはないのだが、実際のところそうではない部分もあったということが言いたいのなら理解できるが、お詫びなのだからおそらく意図するのは「要請に沿っていなかった」である。「一部」を入れたためにすっかり言い訳になってしまっている。こちらもつまらない話であってどうでも良いのだが、気になりだすとどうも落ち着かない。

同じようなよく聞く表現に「一部不適切な」というのがある。そりゃ一部だろう、全体が不適切な表現だなんてそんなわけはない。「文中に不適切な表現がありました。お詫びいたします。」で充分なはずである。にもかかわらず「一部」だという。紛れもなく言い訳である。つまり些細なことだと聞こえてしまう。

「もしあったとすればお詫びしたい」というのも同じ類か。つまり自分はそう認識していないと言っているのだが、事実は変えられないのだから単純に「お詫びしたい」で良い。どうして修飾的な表現を付け足したくなるのかと問えば、要はやましいところがあるのだが責任は負わないという意思表示なのだろう。

なんにせよ、こうやって感じる言葉の不自然さは世間とのズレが表に見えてきたということでもある。だから「結果的に」「一部」不快に感じた方が「あったとすれば」お詫びしておきたい。

Bonne journée, photo challenge

short summer days

After an extremely busy week of July, suddenly unexceptional hot summer had come, and then a bit cool summer has been back again as usual. It was just 5-days summer. Now it takes 20 degree (less than 70F) and you have patchy rains.
I have been mostly absent from the blog sphere and perhaps will be for a while. Excuse me for my lazy response.

30度超えも1週間と続かなかった夏が終わったようだ。8月も半ばになれば秋の気配だから、もう暑い日はこないのだろうかと寂しくなる。少々仕事が忙しいこともあって、ブログ上には殆どいない。反応が悪くて申し訳ないが、ご容赦いただければ幸いである。

A small and late contribution to Nancy Merrily’s A Photo a Week Challenge: From the Side.

Bonne journée, Photo

rabbit

誰もいない早朝の森を抜けて草原を見渡せば、たくさんのうさぎの耳がこちらをうかがっていた。ようやく日差しがあたって暖かく食事が出来る時間になったと言うのに、人間という生き物が生活圏に入ってきたので困っているのだろうか。明らかにリラックスしている時とは違って、警戒してピンと立てた耳が朝日に透けてオレンジ色に輝いている。

もはやうさぎ穴に落ちることができなくなった大人には、立ち入ることが憚られるちょっとした楽園である。

Bonne journée, Cross Cultural

Fête nationale du 14 juillet

日本語だと「革命記念日」とか「パリ祭」であるし、英語なら”Bastille Day”(バスティーユ牢獄襲撃日)なのだが、フランスは単に «Le Quatorze Juillet»(7月14日)と言う。アメリカで独立記念日を日付で言うのとも似ているが、「フランス国祭の7月14日」とは言っても、「フランス国祭」とは言わない。

前夜となる7/13の深夜は年越しイベントのように花火がうるさくて眠れなかったし(GoogleですらDoodleをクリックすると花火が上がる)、恒例のシャンゼリゼの軍事パレードもあっていつもと変わらないようにも見えるが、イベントはいくつも中止されたようだ。パリから遠く離れたブルターニュでも戦闘機が低空で通り抜けたりしたものだが、それも今年は気づかなかった。そもそもフランスでワクチンが義務化されるなど、誰が予想しただろう。義務は医療従事者だけとはいえ、レストランの従業員もワクチンパスポートが必要となれば実質的には同じことである。それだけフランスは追い詰められているという事でもある。

午後になってようやく日差しが戻った7月14日の夜が、いつもの静かな夜であることを願っている。