Bonne journée, Photo

brief vacation

201808-211

I’ve reached a point of saturation
and missed to find my way out.
Now I’m away on brief vacation
and going to give exultant shout.

なんだか手詰まり感で
出口を見失い、
今や束の間の休憩に
歓喜の叫びをあげようとする。

Half off line for a while because it was the 1000th post.
千回目のポストに、ここしばらくは休暇をとって、少しばかりオフライン気味。

 

Bonne journée, Cross Cultural

熱帯夜

 

201808-110

20時間の移動ともなれば、身体も頭もまともな状態であるはずもない。ふくらはぎはじんわりと熱を持ったように怠く、本を開いても3ページを待たずに行を見失う。ようやく慣れたホテルのベッドを抜け出してからすでに24時間。機内でうとうとしていたからその数字に意味があるわけでもないが、少なくともそろそろ平らなベッドが欲しいとは思っていた。だから、ボーイングの馴染みの機体が小さな振動とともに東京湾のそれでも青い海に囲まれた滑走路の隅に降りた時には、これでようやくフレッシュな空気が吸えるとひと安心したのだった。
もちろん東京が暑いことはわかっていた。とは言え、連日のニュースで38度という異常な高温と休まる余裕もない熱帯夜は聞いてはいたものの、日中でも25度で朝晩は長袖の上着が必要な異国にあっては、そのニュースはどこか他人事でもあった。そして、機内持ち込みの荷物をまとめ少しでも広い空間へと出たい気持ちがすっかりそれを忘れさせていた。しかして、宇宙船のような湾曲したドアから一歩出た瞬間、あっと思わず声を上げることになったのだった。歩きながら振り返れば、誰もが例外なく同じ場所で呻き声を上げている。それはちょっとおかしな空間だった。
羽田空港のビルの中は、もちろん十分涼しい。少なくとも税関を抜けるあたりまでは、少しばかり汗をかく程度でなんら問題はない。フレッシュな空気を吸うことはままならないが、飛行機を出た瞬間の少し笑ってしまうような暑さを思えばなんでもないことだった。それが、バスに乗ろうと外に出た瞬間に、これはとんでもない事なのではないかと急に心配になってきた。
バス停の誘導係は、乗客を正規の場所から少しでも影となる場所へと誘導し、その傍で重いスーツケースを順番に並べ、次々と来る問い合わせに答えながら、制服の袖で汗を拭うのだった。乗客を屋根の下に誘導しているから本人は直射日光を浴び続けている。よく見れば、汗をかいているには違いないが、袖はあまり濡れていない。思わず水分を補給した方が良いと言おうと思ったが、話に割り込むまもなくバスがやってきてしまった。まもなく誘導係の彼は、笑顔で乗客を送り出し、再び汗をぬぐって次の乗客に対応するのだった。
なんでも温暖化と結びつけるものでもない。全体としてはそうなのかもしれないが、だからと言って、この異常な暑さの原因の全てが温暖化によるものではない。地球規模の流体力学を解くのは容易ではないが、結局は大きな大気や海流の流れで説明されなければならない。その流体の揺らぎの中で、平均としての温暖化がある。だからすぐに異常気象とか温暖化とかを局所的な気象で語るべきではない。少なくともそう学んだつもりである。

201808-111

そんなことを考えつつ、羽田の暑さにバス停の係員を心配しながら、ふとスロベニアの光景を思い出した。ヨーロッパでは当たり前の自転車専用道だが、彼の地にもそれはしっかりあった。専用の道を作るだけの幅が車道になければ歩道の一部を区切り、歩行者も自転車も違いに道を譲りあうマナーは、いったいどこから来るのか。誰もが自転車を重要な交通機関として理解しているようでもあった。そして言う。二酸化炭素出さないでしょ。オンラインで登録できるレンタルバイクも整備され、自転車がどこでも使える環境は、ちょっと羨ましい。しかも、短時間なら無料と言う。それだけではない。そのレンタルバイクの横にはEV用の充電ステーションが当たり前のようにある。まだまだEV車両は少ないが、あれならきっと普及するに違いない。便利なのだから。
ところで「熱帯夜」と言う表現にはずっと疑問がある。熱帯の夜ってホントにこんな暑さなのか?何しろ行ったことがない。

201808-112

 

Cross Cultural, Photo, photo panoramique

on-lined

201807-511

I’m back now after half off-line weeks. 10 days ago, I was in Slovenia or Germany and discussing some complicated issues with a jet-lagged brain and an absent-minded heart. It was ridiculous to work 9-to-9 just next to gorgeous dishes. 

半ばオフラインの出張とその後の始末であまりblogを見る余裕もなかったが、ようやくいつものペースに戻ってきた。あまり馴染みのないスロベニアへと旅したのはラッキーだったとは言え、できれば次はのんびりしたいものである。

 

Bonne journée, Photo

back to

201807-411

縁も何もなかったスロベニアの地で、もう長い付き合いとなるフランスの知人と食事をしながら、拙い英語で仕事のことや家族のことを話していると、ふと奇妙な感覚に襲われる。自分は何故そこにいて、目の前の知人は何故そこにいるのか。1万キロに少し足りないだけの遠い時間が、ある日突然、思いがけず目の前を流れ出す。

今頃は機上にあって、現実への時間を巻き戻すのに忙しいはず。もうしばらくは音信不通をご容赦願いたい。Monochrome Mondayは今週はお休み。

 

Bonne journée, Cross Cultural

Twin Lock

201807-211

マイレージの余りで旅行用ロックを頼んでおいた事をすっかり忘れ、思いがけず香港から届いた小さな荷物に、少しばかり旅行気分を味わう事となった。クッション材とともに入ったそれは、海外発送でお馴染みの黄色の封筒に入れられ、無造作に台形に切りとられたこれまた黄色いインヴォイスとともに送られてきたのだった。
その名をツインロックというらしい。小さなワイヤーロックが二つついているから「対をなす鍵」ということだろうが、それが本当に役に立つのかどうかは使って見なければわからないだろう。そして、しばらく使う予定はない。かつて、TGVを時々利用していた頃には、デッキの荷物置き場にスーツケースを放置するのにこんなものが欲しいと思ったものだが、最近は使うシーンがあまり思いつかない。基本は、片方のループを荷物のハンドルにつなぎ、もう一方をベンチなどにつなぐという代物である。ワイヤーの長さが短いから、ちょうど高さが合わないと利用はできないだろう。列車の荷物置き場ならなんとか使えそうだが、実際にやってみないとわからないというのが正直なところである。
ところで、こんな華奢なワイヤーで大丈夫なのかという疑問もあるだろうが、経験上問題ない。要は、カジュアルな窃盗を防ぐためだけのものである。カジュアルな窃盗というのも間抜けでおかしな表現だが、人間とは不思議な生き物で、盗めそうだから盗むのであって、盗むのがよほど大変なものを盗むのは、よほどのプロである。カジュアルに盗めなければ、短時間なら安全である。ああ、鍵がかかってないから持っていってしまえというのを避けられれば良い。隠し持ったニッパーでワイヤーを切るような輩はどだい避けられない。
なんだか窃盗の話で旅行気分を味わっているようだが、このツインロックから外国を感じるのはそれだけではない。そもそもワイヤーループが二つついているだけで、3通りの使い方があると強引に言い放つあたりも、ただ者ではない。つまり、二つのジッパーをロックしたり、ジッパーをハンドルに固定したりと、なかなか便利である。ジッパーを固定するのに使ったら、荷物を括り付けられないだろうと思うのだが、同時に使うなら二つ買えということだろう。なかなかである。
ハイライトは、番号の設定である。ロック用の番号はもちろん自由に設定できる。設定して試して見て焦ったのは、実はこの鍵が裏からも同じように見えるということである。つまり、123とセットすると、裏からは678と見えるのである。鍵が開かないと思ったら裏側だったというオチは、あまり良い気はしない。
まぁ、文句があるわけではない。余ったマイレージでちょっと楽しませてもらったということである。

さて、最後の写真は飛鳥II。先週世界一周から帰ってきたばかりだが、その姿ではない。残念ながら昨年の写真である。

201807-212

Bonne journée, Cross Cultural

Korea, US and then

201804-511

それが紛れもなく人の作った機械であることを主張する様にランディング・ギアがゴトゴトと低く鈍い音をたてながら真っ直ぐな胴の下に突き出される頃、恐らくは着陸時の注意事項を韓国語でアナウンスしていたキャビンアテンダントが、シンプルだが明確な英語で注意を促す。この空港は写真撮影が禁止されており、撮影すれば逮捕されることもあり得ると。窓の外には冬枯れの森といくつにもコピーされたコンクリートのアパートが繰り返し連なる生活感のない大地が、地滑りでも起こしたように傾きながら飛び去り、隣の名も知らないビジネスマンが、落ち着かない様子で背もたれのポケットのハングルで書かれた冊子を取り出してはしまい込む。小さな子供の甲高い鳴き声がひとつ。そうやってふと着陸した機体は大急ぎで速度を落とし、今まですっかり忘れていたとでも言うように、地上にある全てが実物大のものへと引き戻される。タクシングする機体の小さな窓から夕暮れの柔らかなオレンジ色に包まれるその実物大の風景をぼんやりと眺め、明日の仕事を考える。
そうやって天空の曖昧な空間から地上の現実に戻る時、視界の片隅を通り過ぎるカマボコ型の構造物と尖った戦闘機に我にかえるのだ。そもそもこの国はまだ戦争中なのだと。平和そうに見える街の表情に何ら嘘はない。いたって平和なゆったりとした時間の過ぎる夕暮れは、誰もが等しく享受する安心に満ちたひと時であり、その中を轟音を立てて飛び立つ戦闘機に現実味などこれっぽっちも感じない。それでもなお、隣国とは休戦しているだけであって、若者は誰もが兵役に就く。1月、オリンピックに向けて平和ムードが漂う韓国は、平和への期待と長い時が産む反目とのジレンマが内と外にある隣国だった。

それから3ヶ月、どこまでも青く透明な空に落ちていきそうなカリフォルニアにいて、冬季オリンピックのことなどすっかり忘れ軽快な音楽とともに夕日を楽しみながら、韓国系アメリカ人と仕事の話をしていた。サーフボードを抱えすっかりオレンジ色になった波打ち際を車に戻るサーファーには、海を隔てたその先にある国にまで思いを巡らすこともないだろう。まして、それを遠くから眺める自分にも、3ヶ月前の戦闘機など思い出す理由などなかった。それでもその数日前、降り立った空港から仕事への移動の最中、グレーの無機質な塊が港に静かにあることを目の当たりにして、未だ解決していない国際問題が他人事のようにそこにあることを知ったことを思い出した。空母は、まちの風景とは無関係にそこにあった。
時は目まぐるしく過ぎて行く。国境線を跨ぐことに誰も関心を持たない日はいつ来るのか。

201804-512

Bonne journée, Cross Cultural

on the road again

201804-311

Cela rend modeste de voyager. on voit quelle petite place on occupe dans le monde.
Travel makes one modest. You see what a tiny place you occupy in the world.
旅では誰しもが謙虚になる。この世界のほんの僅かな場所にしか自分がないことを旅で見るからだ。
– Gustave Flaubert グスタフ・フロベール

I’m on the road again to California, such a lovely place, such a lonely place.
ふたたびカリフォルニアへの旅の途中。魅力的な乾いた青と寂しさが同居する場所へ。