Cross Cultural, Photo

Hiver, Winter, Fuyu

薄曇りを晴れと言い小雨が時々降る程度なら曇りと言う、そんなフランスの隅っこの街で過ごす冬はもう来ないだろうと思ってからまた1年。何故かと自問するよりも、やっぱりそうかと諦めるような気持ちで再び冬が過ぎていく。ここでの生活に憧れたわけでもこの街を観光したいわけでもなく、異文化が面白いという以外には、淡々と仕事をこなすために日々を過ごしている。今年の夏には再び横浜に引っ越そうと思いながら、どこか現実味がないのは仕事にもはや興味を失っているということなのだろう。区切りが付いたかなと、他人事のように自分に問いかける日々である。

上の写真は雨上がりの暗い川を面白がって古臭いレンズで撮ってみたものです。
朝のひとときだけはCOVID-19のおかげで案外静かな街が、雨でますます静かになったような気がしていますが、実際には午後にはワクチンパス反対のデモが大騒ぎを繰り返し、夜になれば犬を連れたホームレスやアルコールを抱えた浮浪者が大声を出すのが常になりました。
さすがに1日あたり50万人の新規感染者と聞くと、散歩したりしながらぼーっと過ごすのも難しく、カメラを持ち出す機会も減り、楽しい話題がないのが申し訳なく思っています。でも、動きも音もない写真はこんな時には面白いかもしれません。
タイトルのHiverはフランス語の冬です。漢字の冬が遠くならないように、日本の冬の味覚でも何か探そうかな。

Photo

Frozen Friday #8

砂糖がけのような凍りついた葉の下に深い赤を見つけた朝は、少しだけ奥歯が疼く。

これだけ凍りつくと、寒さよりも冬の美しさに目がいくわけですが、それでも寒いには違いありません。なんだか奥歯がこそばったいような気がするのは、多分、砂糖がけのような霜が理由ではなく、単に寒いからでしょう。後ひと月もすれば、凍ったような寒さも先が見えるはずです。

I prefer rather cold, dry and sunny winter probably I was born in such a place. I am interested in the rainy winter in Brittany and a bit curious about the culture. It means I am still a stranger here.

Photo, photo challenge

A Photo a Week Challenge : View

After raining several weeks, a colour of light blue has been back to the sky. Still the winter light is not enough strong to see underfoot and a path to a small church is in sullen silence. And then, all of sudden, I find a bright sea ahead, a view from a narrow place to the next days.

冷たい長雨の後に青空が戻ってきたとしても、冬の光はあまりに弱く足元もおぼつかない。小さな教会に続く陰鬱な小道が続く。やがて突然に気づくのだ。狭い道の向こうに輝く海が見えることに。

昨秋には仕事にひと区切りがついて、そろそろブルターニュを離れる頃かなと思っていましたが、気がついてみれば、まだブルターニュの海を見ています。一体どうなることやら。

A contribution to A Photo a Week Challenge: View by Nancy Merrill Photography.

Photo

Frozen Friday #7

冷たい朝の方が美しい場合もある。

久しぶりのFrozen Fridayは、先週と全く同じテキストです。フランス北西部の海寄りの場所は、地図をよく眺めると案外フランス本土では中緯度になり、メキシコ湾流の暖かな海流に洗われるおかげで、冬の間もさほど寒くありません。北海道より緯度が高いにもかかわらず、雪も滅多に降らない環境です。それでも北極からの寒気が降りて来れば、木々が凍ることもあります。そんな時は、冬だからこその美しさを感じるわけです。

Almost a year has passed after the last ‘Frozen Friday’ where I intends to show some cold day in Brittany. In fact, it is not so cold place thanks to the warm ocean current but, two or three times in winter, cold air from the north pole makes Brittany cold with a gift of beauty of winter.