Photo

Mostly Monochrome Monday #261

I don’t remember when I took this picture but at least four years have been past. Now I miss all of cameras except iPhone because of my removing from Brittany. One of them should be at somewhere between France and Japan logically. It may take a bit more time to back on my blog sphere regularly.

引っ越しのためBlogの世界に通常通りに戻るにはもう少し時間がかかるかもしれません。カメラは引っ越し荷物の中にあって、少なくとも写真を撮る道具も時間もありません。本来の物書きをすべきなのでしょうが、なかなか余裕もありません。やれやれ。

A Part of Mostly Monochrome Monday

Bonne journée

息継ぎ

雨降りの28度がこれほど重いなど誰が想像しよう。戻り梅雨の横浜は肩の上にいつも何かを背負ったように落ち続け、少しばかり離れていた1,000回の冷たい朝と10,000キロだった筈の見通せない距離の狭間に記憶の一部が紛れ込んで、「そうだった」と独りごちるというより「そんな筈ではなかった」と言い訳をするのが日課になった。背中に張り付いた薄汚れたシャツと息苦しさが隠れる青いマスクとに押しつぶされそうな夕暮れの、静まり返った通勤電車に無限に繰り返される吊り革にようやくしがみついて、やっと息を継ぐ方法を思い出したような気がした。