Bonne journée, Photo

Autumn – automne – aki

 ここ何年もこんなおかしな天気はなかったと聞くのは、これでもう何回目だろうと思う。

 引越してきて2週間降り続いた雨にもう雨が止むことはないのだろうと諦めた頃、
「ここの天気はこんなものだよ。でもあとひと月もすれば晴れてくる。」
と誰でも当たりそうな天気予報で言い訳していた知人は、それから半年も後になって、
「今年の天気は異常だった。こんなに降った年はない。」
と心配顔で話していたし、昨日は、
「こんなに暑さが続いたことはない。」
と別な知人がスクリーンの向こうで笑っていた。「お天気」という誰もが気にはするが実際にはさほど関心などない事柄に右往左往しながら、いつでも特別な日がやってきたような気がしているのが日常というものなのだろう。

 そんなわけで、こんなに晴れが続いたことはなかったブルターニュの春の後で、いつもの涼しく短い夏がやってきて、やがてこんなに暑さが続いたことがなかった夏が終わろうとしているのである。どこの家にも冷房などあるはずもなく、ただ窓を閉め切ってやり過ごすしかない暑さに困りかけた頃、突然夏は終わりを告げる。寒気にぶつかった地上の空気が朝から雷雲を作り、カラカラだった地面が雨に光り、気づけば9時には夕焼け空が石造りの建物を赤く染める。

 茶色になり始めた木々は、着々と準備を進めていたらしい。小さな秋を探す必要などない。気付いていなかっただけで、すでにそこかしこに秋はある。

 Autumnの最後の’n’は発音しませんよなどと注意されながら、スペルが分からなくなるからというつまらない理由で最後の’n’を心の奥で発音していた中学英語はいったいいつの事だったか。気がつけば成長しない自分が、フランス語のautomneの’m’は発音しませんよと心の奥で言い聞かせている。

Bonne journée, Photo

DST

特に感傷的な気分になる必要もないのだが、夏時間(DST)から標準に戻るというだけでなんとなく冬になったような気がするものである。いつまでたっても明るくならない朝が少しばかり早めに明るくなったところで、差して違いがあるわけでもない。街路樹がだいぶ葉を落として、少ない日差しが少しでも歩道に届くようになったことに至極深い喜びを感じるものでもない。単に時計合わせをするだけのことである。それでも人はそこに意味を見出すものである。

まもなく気の早いクリスマスの飾り付けが本格化する。すでに街路には雪の形のライトがちらほら現れてきた。きのこもリスもボーッとはしていられない。

Bonne journée, Photo

Urban Life (薬のコピー)

201711-211

通勤電車の妙な静けさの中にいると、小さな咳に罪悪感のようなものを感じなくもない。「いえ、たまたま喉がイガイガしただけです」と心の中でつまらない言い訳をしたりもする。ひとは騒音を聞き続けるとそこが一段高い基準となって、いつか慣れるものなのだろう。だから電車を降りたところで急に静かになったとは考えない。通勤ラッシュの車内は、そうした意味で、誰もいない滝壺で静けさと自己に立ち向かいながら修行でもしているような場所である。誰かが気にも留ない小さな咳をした時にその修行の場を乱す罪悪感を持つのは、咳をする自分自信の孤独な所業なのである。
ところが、少しばかり大きな咳をふたつみっつすると、状況は一変する。誰ひとりいないはずの滝行の場は、途端に異端裁判のくすんだ空気へと相変化してしまうのだ。向かいに座って新聞を広げたサラリーマン風の男は、ばさっと新聞紙を揺らすようにして警告を発し、となりでスマートフォンに熱心に何かを打ち込む和装の女は、スマートフォンに向けた顔を微動だにせずちらりと目で威嚇する。咳をした側は慌ててハンカチを当てるのが吉である。誤ってそのままさらに咳をしようものなら有罪は確定したも同然。バツの悪い孤独感ではすまないものと思った方が良い。

そんなことを思ったのは、通勤電車で漫然と広告を眺めていたら、薬の広告の不思議な符合に気付いたからだ。自分の右手には「あ!これが、私の頭痛薬」と小ぶりな広告が貼られ、目を同じ位置の隣の部分にやれ「あっ!このかぜ薬」と同じ大きさの広告がある。どうしてこうも強制的に発見させられなければならないのか、広告担当者はもう少し考えてもらいたいものである。もちろん会社も違うから単なる偶然だろうが、どうも釈然としない。そんな風にモヤモヤとしながら小さな咳をしたものだから、冒頭のようなことを思ったのだ。
いや、分かっている。もちろん勝手にくだらないことを考えているだけだ。秋も本番である。

 

Photo, photo challenge

Weekly Photo Challenge: Anticipation

201612-301

with eager anticipation,
looking out of smudged window,
anxiety over imagination.

The picture was taken newly after I posted similar one. I felt someone gazing vacantly at the sea but with anticipation. It was just a scuttle – rounded window – of an old ocean liner but must have a story.

Instead of answering to the question “what are you waiting for”, I’d like to say what I’m looking for; it’s a creative imagination required for writing a story.

In response to the weekly photo challengeAnticipation by The Daily Post.

Bonne journée, Photo, photo panoramique

in frames

201611-511

Sooty skies have been scraped away and red and yellow times are falling into the blue abyss of a sharpen wind.
Why we pin a memory of autumn here before we miss the leaves in frames?

煤けた空は削り取られ、赤と黄の時が研ぎ澄まされた青の深淵へと沈み込む。
紅葉が終わってしまう前に秋の記憶をピン留めするのは、冬に寂しさを感じるからではなく、夏が恋しいからでもない。

the end of autumn

201611-512