Bonne journée, Photo

Sakura

IMG_3935

この季節、どうしたって桜の写真を載せないわけにはいかない。そういうものである。いや、桜はあまり好きではないと言ってなかったか?と誰かの声が聞こえてこなくもないが、好きとか嫌いではなく、そこに桜が咲いているかどうかである。車内吊り広告さえも桜が商品を囲み、気がつけば背景色まで桜色となれば、言い訳もたつというものだ。

ところが困ったことに大抵の写真は撮ってしまっている。クローズアップも広角での広がりも、上から見下ろした花見も望遠で空間を圧縮した散りゆく姿も、おおよそ撮ってしまうとなんだか同じような写真は載せにくい。たしかに夜桜はまだアップしていないし、知られた名所にもほとんど行っていないが、なんとなく出かけるのも億劫になっている。だからふと思ったのである。夕方のコントラストの低い柔らかな四季桜はどうかと。

うまく撮れたのかと言われれば、少々根気と技術が足りていない。良い光を待って良い構図が見つかるまで探し回るとか、せっかくのデジタルなのだからその場で確認するとか、その程度の努力は惜しんではならない。でもそれで良いのだろう。でないと、ファインダばかりのぞいて自分の目で愉しむことを忘れ、気がついたら終わったシーズンの写真をアップしていたなんてことになりかねないのだから。

IMG_3936

Bonne journée, Photo

oilseed yellow

201701-511

今週の日曜ポストはまだまだ冬の写真をアップする予定だったが、急遽こちらに変更。

昨日があまりに春の日差しだったので近所にアブラナの黄色を撮りに出かけたら、思いの外黄色の絨毯が眩しく広がっていた。河津桜も咲き出して、案外春はすぐそこにあるらしい。

I planned to continue winter photo series as a Sunday post usually written in Japanese but I have changed my mind because I found there blooming yellow flowers, a kind of oilseed rape, indicating coming spring.

 

Bonne journée, Photo

A Bench

201603-311

An excuse to just stay in,
A season to fall in silent flakes.
A reason to be off to stroll,
A place to open off brilliant days.
A vacant bench to wait for someone.

Reasons of warmth.

ただ閉じこもる言い訳、
黙して小雪の舞う季節。
散歩に出かける理由、
輝く日々に続くドア。
誰かを待つベンチ、

暖かくなるという事の意味。

201603-312

たとえば

201603-313