Photo

Fragmented Friday #6


小さなショーウィンドゥの中の小さな緑色のおもちゃが走るその場所は、案外雪の上などではなく星が瞬く雲の上で、オレンジ色の夕暮れの光が染み込んだプレゼント用の包装紙は、案外誰かにそれを届けるためではなく思いを包むためにあるのだろう。

GBのマークとちょっと高い値札を見て思わず撮った写真ですが、今頃になって見返してみると、なかなか魅力的なディスプレイでした。

Photo

Fragmented Friday #5


あまりに変化に富んだ今年も間も無く落ち着く。ようやくホッとする年の瀬。予想通りだったのに驚き続け、準備万端だったのに混乱し、最後になってそんなものだと独言る。すっと立つ冬枯れの木が、こちらを見ていた。