Bonne journée, Photo

a primal scene

201701-211

English text at bottom.

冬が胸にきたとはあまり普通の状況ではない。冬が頭にきたというなら、それはもう寒くて仕事が捗らないとか雪が多くて外出先から帰れなくなったとかそんなことも想像するが、血気盛んな誰かがアタマにきたという事ではない。冬が足にきたという事もあるかなとも思うが、それはそれで体調が悪そうである。もしかすると、お医者さんに診てもらったほうが良いのかもと心配になる。だが、どうやらそうでもないらしい。何しろ胸にきたのだ。ひょっとして胸がジンとしたのかもしれない。

普通、悲しさが胸に来るとか胸にぐっと来るとか、「胸に来る」には周りに何かしらの説明がある。もちろん、シンプルに胸に来ると言われてもそれを想像するのは難しくない。だから、現代風に単純化しているだけなのだろう。この文、今年のJRのキャンペーンコピーである。JR SKISKIという例のシリーズだ。難しく講釈を述べるような話でもない。では、なぜそんな話を書くかと言えば、広告が心配なのである。

2016年シーズンと言えば「そこに雪はあるか」を暖冬で雪のない中で展開し、「ない」とtwitterなどでつぶやかれたのが記憶に新しい。その前のシーズンは「全部雪のせいだ」とやったら大雪で災害も発生し、あまり都合のよろしくない状況となった。さすがに「冬が胸にきた」で不都合があるとは思えないが、ここまで来ると安心できるとも言い切れない。一部では「とうとう雪はあきらめたらしい。」と変に勘ぐられているようでもあり、なかなかコピーは難しい。

さて、冬のイメージである。個人的には、冬は乾燥した風と霜柱と刈り田の薄氷が原風景であって、雪は後から付け足された映像でしかない。今はもう見る事も稀な谷戸のあぜ道を歩けば、隣合う広葉樹の明るい林の隙間から柔らかな陽射しがわずかに残った黄色い葉に染み出し、凍った風が頬を過ぎる。指先と鼻の奥に冬はくる。

Here I have discussed about an advertising slogan and a primal scene. The ADs was for traveling for skiing and, of course, mentioning snow. However the winter for me means a dappled sunlight dropping softly in a dry forest. 

201701-212

Bonne journée, Photo

冬景

201601-611

御多分に洩れず、先日の東京の雪に右往左往することとなった。電車の運行状況のアナウンスは聞くたびにさらなる遅れを告げ、乗り継ぎの駅は夏休みのディズニーランド以上の終わりのない列を飲み込み、濡れた冷たい靴と混雑した人の暑さに誰もが悪態をついていた。雪に汚れを隠す東京の風景でも写真に撮ろうかという考えは、すぐさま捨て去った。

東京はどうしてこうも雪に弱いのかなどと考えたのは随分前のことで、今は勝手に結論を出している。東京はその都市が許容できる限界まで人を受け入れ、その人々は雪が降ろうが仕事も生活も変えない人々であるのだ。そのひとりが自分であり、いつ動くかわからない電車を待ちながら職場に指示を出す偶然隣り合わせた経営者であり、SNSでぼやく高校生だ。誰もがもう動かないかもしれない電車を嫌々待っている。それが東京の雪である。

201601-614

その夜、テレビでは大混乱に陥った東京の電車網についてその原因を解説していた。2年前の事故を教訓に、駅間には電車が1編成のみとなるよう半分程度まで本数を減らしたこと。減った電車は早い段階で満員となり、途中の駅ではもはや乗れない状況となったこと。そんな説明である。まぁ、そうなのだろう。だが、正確に言えば、半数の電車とは鉄道会社の都合を言う数字であって乗客の数字ではない。通常よりずっと遅い速度でしか動けない電車の単位時間当たりの輸送力は遥かに小さい。輸送力が1/4になれば所要時間は4倍になる。1時間かけて通勤する人が4時間かかるのは当然のことだ。そんな計算をする時間も、やっぱり働き過ぎだと反省する時間もたっぷりとある、そんな朝だった。

積もった雪は翌日にはほとんど消え、わずかに除雪して寄せ集められることとなった汚れた雪だけが残された。その黒ずんだ雪を除けば、風景はいつもと変わらない乾いた土地と冷たいコンクリートに戻っている。

201601-613

Bonne journée, Photo, photo panoramique

This winter was

201503-311Personal summary of this winter in Japanese with photo.

鋭利な刃物で金属の塊から削ぎ落としたような限りなく細く冷たい月を浮かべ、ブラッドオレンジのホリゾントに浮かぶ富士のシルエットが、やがて深海の青に沈みこむ。やがて静まり返った朝の空気に痛みを感じる季節が、昼と夜とを隔てるドアのすぐ向こうにあることを知る。遅い秋の夕暮れ。

どこまでも遠く無音の空気が響き、時間に遅れた赤茶色の枯葉が先を急ぐ。どこまでも遠い青の深みに空の上下が返り、地上が宇宙と繋がり出す。どこまでも淡いストーブの光がそれと気づかないほどに小さく揺らぎ、閉め切ったドアの向こうの乾いた冷気を主張する。早すぎる冬の午後。

降り始めた雨に灰色の影が混じり、降雪による通勤電車の遅延がスマートフォンのメッセージを埋めていった数日前の記憶は、やがて公園の隅の白い痕跡だけとなる。柔らかに凍った地面からクリスタルの針が太陽に向かって伸び、例年より早く凍りついた空気が、束の間の休息に安堵をつぶやく。真冬の昼下り。

いつもより僅かばかりその先を意識すれば届きそうな枯れ木の向こう側、視界に広がる窪地を超えて飛び越せそうな先に見える山は、それでもなお、淡いヴェールの曖昧な境界で分け隔てられる。距離が地図に書き込まれた概念でしかなくなる頃、寒さは終わりを告げる。鼻奥に広がる冷たい湿気に微かに梅の甘い香りが混じり、木々はもぞもぞと声を上げ始め、海は強い光に輝きを取り戻す。そこにある春の朝。

Bonne journée, Photo, photo panoramique

Photo panoramique: still winter

Still it’s winter. Time to time it is snowy and time to time it is sunny.
まだ冬である。時々は雪が降り、時々は太陽が顔を出す。

A empty bench is going to be occupied but now here the sun light is.
空のベンチは間もなくいっぱいになろうが、今は太陽光のみである。