Bonne journée, photo challenge

LAPC – Favorite Images of 2022

Sometimes I found myself taking pictures of water without reasons perhaps because I felt somehow fear on it and still do. Whether it is blue or grey, the water always obscures the sense of time. Nobody knows what was under water and who was looking into. Even still I took pictures of it without curiosity but with beauty delight.
Here are my two favorites that have not been published yet.

水になんとなく畏怖の念といった感覚を覚え、それが故に写真を撮りたくなってしまうことがある。水は、それがどんな色であれ、時間をも覆い隠すものだ。そこに何があって、それを誰が覗き込んでいたかなどわかるはずもない。だから好奇心というよりもその美しさから写真を撮るのである。

LAPC #231 – Favorite Images of 2022

Photo

Mostly Monochrome Monday #284

It’s like the magic of the dawn light, and even if you don’t know what’s on the other side, you can’t help but go there.

それは明け方の光の持つ魔力のようなもので、その向こう側に何があるのか分からなくても、そこに向かっていかないといられない。

A Part of Mostly Monochrome Monday

Bonne journée, photo challenge

LAPC – Last Chance

(日本語は内容が少し異なりますが、後半にあります。)

So far away
Doesn’t anybody stay 
in one place any more?
It would be so fine 
to see your face at my door
It doesn’t help to know 
you’re just time away

Carole King, Sony/ATV Music Publishing LLC

It was a special year for me. At the beginning of 2022, I was working in France and foreseeing uncertain next 6 months from July. I completely understood anybody cannot stayed in one place, and more likely, the world was always drifting whether I wanted or not.
Several years ago, surely I was walking down a small path just next to a vineyard in France and I found myself thinking about grapes fields in Japan where I was born. After going back to Japan, 9,411 km apart, now I’m thinking about a vineyard in France time to time. Anyway, the sun above me is same as what I know in France. But,

There’s no such place as far away

Richard Bach

あまりに遠い。
人はひと所にとどまれないものなの?
扉を開けたらそこにあなたがいたらいいのに。
少し離れているだけと分かっていても、
何の役にも立ちはしない。
(l’atelier tanu 訳)

キャロルキング

引用するために調べたら、1971年の曲だった。キャロルキングの「つづれおり」に収められたよく知られた名曲だが、流石にラジオから流れることは少ない。クリスマスの時期によく流れるジョンレノンのハッピークリスマスも同じ年だから、もはや歴史の一部に近いのかもしれない。
今年はまたも9,411キロもの引っ越しをして、フランスから横浜に戻り、その距離以上にどこか遠さを感じている。遠いということは、物理的な距離だけの意味ではないのだろう。Webでどこにいても話ができる時代であっても、それは変わらない。リチャード・バックが言うように「遙かな遠い場所などありはしない」のかも知れないが、逆もまた然りなのだ。

LAPC #230 – Last Chance