Bonne journée, Photo

rabbit

誰もいない早朝の森を抜けて草原を見渡せば、たくさんのうさぎの耳がこちらをうかがっていた。ようやく日差しがあたって暖かく食事が出来る時間になったと言うのに、人間という生き物が生活圏に入ってきたので困っているのだろうか。明らかにリラックスしている時とは違って、警戒してピンと立てた耳が朝日に透けてオレンジ色に輝いている。

もはやうさぎ穴に落ちることができなくなった大人には、立ち入ることが憚られるちょっとした楽園である。

コメントを残す (Leave a comment)

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Google photo

You are commenting using your Google account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

Connecting to %s