Cross Cultural, Photo

ragondin

ハナウドでも野良ニンジンでもなさそうなこの白い花は何だろうと覗き込む。もちろん知らないのだから覗き込んだところで答えはない。案外一年中咲いているフランス菊も流石に盛りは過ぎて、一面の白い花畑はもうないが、この水辺の白は勢いを増すばかりだ。記録メモとして写真を撮っておこうとカメラを高く持ち上げて。構図も関係なしにシャッターを切る。そんなことをしながらふと気がついた。水の中に体長50cmほどもあるネズミが泳いでいると。

おそらくはヌートリアだろう。フランスではラゴンダン(ragondin)という。カピパラとも似ているが、より小さく、顔立ちはよりネズミらしい風貌で、害獣指定されている。毛皮目的で飼われていたものが野生化してしまったというのが本当のところであって、本来は南米の動物だそうだ。日本にも西日本に野生化しているそうなので世界中に広がっているということなのだろう。

世界は急速に小さくなっている。

8 thoughts on “ragondin”

  1. 体長50cmのネズミ?!きゃぁーーーっ!しかも泳いでる。。。どうぞカナダには来ないでください。

  2. たしかにカピパラに似た顔立ちですね。かわいいなぁ。こんなのがウロウロしているなんて。。。うらやましい。こちらでは、セントラルパークなら野鳥をみることができますが、普段よく見かけるのは丸々と太った鳩やリスくらいです。

    1. ブルターニュは良くも悪くも田舎なのです。パリの人が夏を過ごしに来るのも分かる気がします。でも、これが日常だと、セントラルパークの都会に隣りあった自然にも憧れます。

コメントを残す (Leave a comment)

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Google photo

You are commenting using your Google account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

Connecting to %s