Bonne journée

doesn’t matter

201712-411

どうでもいい話ではある。言葉には何かを伝えるという目的があって、その目的を達成するために要らない事に気を使うこともあれば、勿体ぶった表現をすることもある。ある人によれば、時に高圧的な態度をとることが必要だそうだが、人それぞれである。丁寧にお願いするのがいつも良いわけでもないが、高圧的なのは伝える言葉ではない。ただ、丁寧なようなそうでもないような妙な表現が色々出てくるのも困ったものである。「よろしかったでしょうか?」など、慣れてはいてもいつもどこかで違和感を感じている。

先日、遅れた通勤電車をいつものように待ちながら、ふと急にアナウンスに違和感を覚えて驚かされた。「次の電車も併せてご利用ください」といういつものアナウンスである。だが、よくよく考えればかなり怪しい。併せて利用とはどんな意味なのか。今来たばかりの混雑した電車と次の幾分人の少ない電車の両方に同時に乗ることなどもちろん出来ない。だが、誰もが平然と受け入れている。要は、次の電車の利用も併せてご検討くださいということだろう。絶対に次の電車に乗れとは言わないが、よく考えて次の電車の方が良いと思うならそうしてほしいという随分と回りくどいお願いである。回りくどいから簡単にまとめると「併せてご利用ください」となったのかも知れない。
まぁ、どうでもいい話ではある。

 

コメントを残す (Leave a comment)

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Google photo

You are commenting using your Google account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

Connecting to %s